顔のたるみの原因|乾燥が招く症状に要注意

化粧品の有効成分

ウーマン

ビタミンc誘導体とは、壊れやすいビタミンCを人工的に安定化させた成分のことです。美白効果があるため、シミを改善する化粧品等に配合されています。ビタミンc誘導体には、その他にも肌を滑らかにする作用や皮脂分泌をコントロールする効果があることがわかっています。ビタミンc誘導体が配合された化粧品を使用する際には、注意すべきことがあります。一度に沢山塗り過ぎてしまうと皮脂の分泌量が抑えられるため、肌が乾燥してしまうのです。そのため、乾燥肌の人などは特に用量を守って使用する必要があります。自分にとっての適量を見つけておくことが大事です。適した用量で使用することで、ビタミンc誘導体の効果が最大限に発揮されます。

ビタミンc誘導体は、大きく二種類に分けることができます。具体的に言うと、水溶性のものと油溶性のものの二種類です。水溶性は肌に馴染みやすいという特色があり、主に化粧水や美容液など水が主成分の化粧品に配合されています。油溶性のビタミンc誘導体はクリームや乳液に配合されています。これは、水分に溶けにくいことから化粧水で潤った肌を保護するのに適しています。最近では、水溶性と油溶性の両方の特色を持つビタミンc誘導体が開発されています。親水性と親油性が高いことから浸透力に優れており、様々な種類の化粧品の成分として活用されています。肌へ浸透しやすいため、化粧品に配合されるビタミンc誘導体成分の主流になりつつあると言われています。